大学行くため奨学金はいいのだが

  • 投稿日:
  • by

自分が現在まで大きな金額を借りることになったのは大学行くために借金(以後奨学金とする)と親である。

当時、自分以外の周りの大学を受ける人達が奨学金を借りたり、親に借りることにについて何も思わなかったし自分も特に何も思っていなかった。

また、大学在学中も奨学金を借金という認識は低く、バイトしても自分の為に使ったり交際費に使ったりと借金を返済するというあまりなかった。これが色々と自分の中では甘かったなぁっと思う。

自分の場合、運良く就職ができ、初めて給料を貰ってからそれは起きてしまった。

なんと親と奨学金の返済というダブルパンチだった。月に借りていたのが親と奨学金を合わせて10万程度。勿論、親は少しずつでいいと言われるが月に1~2万ずつ。奨学金は2~3万ずつ返して行かないとならない。

おまけに食費や税金等を払って行ったら手元に残るのが数万円だけという現実が発生した。

大学在学中の時はなんにも思わず暮らしていてあの時にお金を貯めとけば・・やあの時にお金を使わなければという無念だけが残ってしまった。

現在は手元に残った数万でなんとか暮らしている状態です。自分の知り合い、特に大学生の人たちにお金を貯める様に教えています